スポンサーサイト

2014.04.20 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    DORA麻雀の役「槍槓」 & 映画「ある日どこかで」に関して

    2014.04.20 Sunday 09:18
    0
      うし!「スポーツの秋」ですし、
      運動を習慣化させようかな壁|ε=ε=ε=ミ( ノ_ _)ノ=3 ズコ-!!

      何が私に適してるかな?アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ〜♪
      やっぱり手軽にできるものと駄目ですからね
      いや〜体力を使うやつだと続きませんからね(≧∇≦)ブハハハ!

      考えておこうホホホΨ(-◇−)Ψホホホ〜〜

      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      ここの所映画に夢中になっているのでオススメ映画の感想をご紹介したいと考えています!v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

      はい??あなたのレビューは?
      という突っ込みはスルーで∬´ー`∬ウフ♪


      今回は「ある日どこかで」の感想について紹介しようかと思っていますワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪


      この映画の製作年は1980年です!!!

      監督はヤノット・シュワルツで、脚本がリチャード・マシスンです!!!キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ

      この映画のメインは、リチャード・コリアー演じるクリストファー・リーブです!( ̄ヘ ̄;)ウーン

      取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ジェーン・シーモア〔女優・1951年生〕 (エリーズ・マッケナ)、クリストファー・プラマー (W.F.ロビンソン)、テレサ・ライト (ローラ・ロバーツ)、エドラ・ゲイル (ジェヌヴィエーブ)、ジョージ・ヴォスコヴェック (ジェラルド・フィニー医師)ってな感じ。( ̄∀ ̄*)イヒッ

      眠い目をこすりながら鑑賞。

      これを観て泣ける人はかんりのロマンティシストだと思う。
      ある意味、憧れる。
      でも、僕は心の貧しい一介の映画ファン。

      美男美女がどんなに悲しい恋をしようが
      、その事象自体には、さして興味が
      無い。

      人間の動きも話の展開も全てが緩慢(但し、
      恋に落ちるのは一瞬!!)な、ありえないこの映画で
      泣くのはちょっと無理がありました。

      映画の命は筋・そして描き方なんで
      す!マネージャーのロビンソンが伯爵然としているのが
      笑えた。

      そもそも設定が貴族なのだとしたら、
      ごめんなさい。

      字幕だけじゃそこまで分からんかったで
      す。



      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      麻雀の役って一杯ありますよね〜。('-'*)エヘ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
      という事で、今回は槍槓に焦点を当てたいと思います!U\(●~▽~●)Уイェーイ!



      槍槓とは、他の人が加カンした時、
      その牌が自分のあがり牌であった際にはあがりを宣言することが可能で、
      この時槍槓(ちゃんかん)いう役が成り立つ(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン


      もう少し単純に説明すると、他の人がポンをしていたとします。

      同じ牌が3枚あるわけです。

      ここでもしそのポンそしている人が、4枚目の同じ牌を持ってきた場合は、カン(加槓)することができ、
      その牌があなたのあがり牌であれば「ロン」と言ってアガルことが可能なのです。


      この時にこの槍槓という特別なあがり役が成立するんですね。

      初心者の方はよく、他人が加槓(かかん)した牌があがり牌の時、
      「へー、、和了り牌が無くなっちゃった〜」と
      あきらめて黙っている事が多いようですが、
      絶対にあがりを宣言しましょう。


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう



      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      槍槓(出現割合:0.05%)
      他家が加槓(小明槓/ショウミンカン)した牌が当たり牌だった場合に成立。
      一翻役とは思えないぐらい出現率が低いので、狙うとか狙わないとかの話ではない。
      強いて言えばリャンピンが場に3枚出て、イーピンを他家が鳴いた時、待ちがイースーピンの場合、不要牌であるイーピンは必ず出る……ということもあるだろうが、一翻役とはいえ決して狙いに行く役ではない。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ・・・とこんな感じ/(@゚ペ@)ウーン


      今晩はこの辺で
      今日はお腹が痛いなあ
      お休みなさい(*⌒○⌒*)おー(*⌒▽⌒*)やー(*⌒o⌒*)すー(*⌒ー⌒*)みっ♪





      おすすめ記事




      category:- | by:kezun7a0comments(0) | - | -